やっぱり一戸建てが一番!

私が一戸建て住宅を建てようと考えた理由は、当時住んでいたアパートが欠陥住宅で、子どもの健康に影響が出ると考えたからです。 そして、夜中の上の階の住民の騒音も気になり、一戸建て住宅ならば安心して過ごすことができると考えたからです。 さて、家を建てるにはお金がかかります。我が家の場合、基礎工事をする前のくい打ち工事で150万円ほど余計にかかってしまいました。こればかりは、岩盤調査をしてみないと何ともいけないです。 そして、一番大切なことは家族の間で、どのような家を建てるか、どのような設備が必要か、どのような間取りにするかなどについて、しっかり話し合っておく必要があります。 私が、家を建てる決心をした時は、東日本大震災から2年ほど経過していました。その中で、オール電化住宅は絶対に立てないと決めていました。そして、給湯設備についてもエコキュートには絶対にしないと決めていました。家を建てる際には、絶対に必要な設備等があると思いますが、家の設備について、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと確認して、自分たち家族にとって満足のできる家を建てられるように考えをまとめておくことがとても大切であると思います。