地震の多い地域の新築住宅は耐震性の軽量鉄骨造り

茨城県の北茨城市という田舎に実家があって、以前に兄貴が嫁を取るというので古くなった木造の家を取り壊し新築の住宅を建築するという話を、たまたま実家に戻っていたときに話題が出たのです。ところで近年、国内では地震が頻発しているのは周知ですが、特に、東北の大震災では我が家には直接の影響はなかったのですが、周辺では被害を受けたところも沢山あったのです。 そんなことで、私自身が実家の住宅建築に関しては意見を求められたときに耐震性の軽量鉄骨造りの住宅を推奨したのです。実は筆者は直接、住宅関連の仕事というわけではないが、一応は土木建設関係の設計監理の仕事をしている関係上、意見を求められたということです。 一般に日本の住宅では木造の住宅か集合住宅の鉄筋コンクリート造りというのがありますが、日本の風土や気候に適した建物といえば木造建築になります。然しながら、当の大震災以降は住宅の耐震性や強度に関して特に注目されてきて、どちらかと言えば木造よりも耐震性のある軽量鉄骨造りが有力視されているのです。 特に戸建て住宅や二階建てのアパートなどの集合住宅の構造として軽量鉄骨造りがよく用いられています。